べにばなくさぎ (紅花臭木)

Clerodendrum splendens

Clerodendrum splendens

Clerodendrum splendens

Clerodendrum splendens

Clerodendrum splendens

西アフリカから中央アフリカが原産です。木本または半木本の蔓性
植物で3〜4メートルほど伸び、他の植物に巻きついて伸びます。葉
は卵形で対生します。冬に集散花序をだし、鮮朱赤色の花を咲かせ
ます。花後、萼が淡紫色に色づきます。
クマツヅラ科クサギ属の常緑低木で、学名は Clerodendrum
splendens。英名は Flaming glorybower。
Flaming glorybower (Clerodendrum splendens) belongs to Verbenaceae
(the Verbena family). It is a woody or semi-woody everegreen vine that is
native to western Africa and central Africa. This vine climbs up
adjacent plants by twining and can reach 3-4 m long. The leaves are oval
and arranged in opposite pairs. The bright scarlet flowers bloom in the
cymes in winter. The calyx lobes turn in pale purple after flowering.
[上・中1〜2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2005年12月27日撮影。
[中3・下] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp