ベラドンナ (狼茄子) [Index] [Back]

Atropa belladonna

Atropa belladonna

Atropa belladonna

Atropa belladonna

ヨーロッパや北アフリカ、それに西アジアが原産です。山地の湿り気のある日陰などに生え、高さは50〜150センチになります。葉は長卵形で互生します。晩春から夏にかけて、にぶい紫色で緑色を帯びた鐘形の花を咲かせます。果実は液果で直径1センチほど、光沢のある黒色に熟します。全草に毒性のあるトロパン・アルカロイドが含まれ、人間や動物が摂取すると死に至ることがあります。和名では、「おおかみなすび(狼茄子)」と呼ばれます。
ナス科オオカミナスビ属の多年草で、学名は Atropa belladonna。
英名は Belladonna、Deadly nightshade。
The Belladonna (Atropa belladonna) belongs to Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to Europe, North Africa, and Western Asia. This herb grows in montane wet shade and can reach 50-150 cm in height. The leaves are long ovate and alternate. The flowers are bell-shaped, dull purple with green tinges, and bloom from late spring to summer. The fruits are berries, about 1 cm in diameter, and ripen in shiny black. All parts of the plant contain poisonous tropane alkaloids and may be fatal if ingested by humans or animals.
[上・中1] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2・下] 東京都品川区「星薬科大学」にて、2013年06月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp