べにまつり (紅茉莉)

Rondeletia odorata

Rondeletia odorata

Rondeletia odorata

Rondeletia odorata

Rondeletia odorata

Rondeletia odorata

メキシコからキューバ、パナマが原産です。わが国へは明治時代のはじめに渡来しました。高さは2メートルくらいになります。夏を中心に長期間、枝先の集散花序に芳香のある橙赤色の花を咲かせます。和名は、紅色の「まつりか(茉莉花)」に似た花ということから。
アカネ科ベニマツリ属の常緑低木で、学名は Rondeletia odorata。英名はありません。 
Rondeletia odorata belongs to the Rubiaceae (the Madder family). It is a small evergreen tree that is native from Mexico to Cuba and Panama. It was introduced into Japan at the beginning of the Meiji era (about 140 years ago). This tree grows a height of about 2 m. For a long period centered around summer, fragrant orange-red flowers bloom in the cyme of branches. The Japanese name is derived from a flower similar to the red "Arabian jasmine" (Jasminum sambac). 
[上] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、2006年12月05日撮影。
[中1〜中3] 同上にて、2005年11月25日撮影。
[中4・下] 名古屋市千種区「東山動植物園」にて、2017年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp