べににがな (紅苦菜)

Emilia sagittata

Emilia sagittata

Emilia sagittata

Emilia sagittata

中国南部からインド東部が原産です。別名で「カカリア」、「エメリア」あるいは「えふでぎく(絵筆菊)」とも呼ばれます。8月から10月ごろ、高さ30〜60センチの茎の先に、オレンジ色または橙紅色の管状花が集まった小さな花を咲かせます。飾りひもの房のように見えることから、英名は房飾り(Tassel)の花。 
キク科ウスベニニガナ属の一年草で、学名は Emilia sagittata。
英名は Tassel flower。 
Tassel flower (Emilia sagittata) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an annual herb that is native from southern China to eastern India. The orange or orange-rose-pink, small, numerous tubular flowers bloom atop of a stem with a height of 30-60 cm from August to October. The common name comes from the fact that its flower looks like a tassel of a decorative string. 
[上・中1〜2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年09月19日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp