べにのき (紅の木)

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

Bixa orellana

熱帯アメリカ、西インド諸島が原産です。現在では、観賞用や染色用として熱帯から亜熱帯地方で広く栽培されています。高さは5メートルほどになり、葉は心形で先端が尖り互生します。枝先の円錐花序に、ピンクの花を咲かせます。果実は赤褐色の軟らかい毛に被われ、「くり」のいがのようなかたちをしています。この種皮からはオレンジ色の染料が採れ、口紅やバター・チーズなどの天然着色料として利用されています。アナトー色素と呼ばれます。アメリカ先住民のなかには、この色素を顔や身体に塗る習慣もあったそうです。虫除けの効果も確認されています。 
ベニノキ科ベニノキ属の常緑低木で、学名は Bixa orellana。
英名は Lipstick plant、Annatto。 
Lipstick plant (Bixa orellana) belongs to the Bixaceae (the Achiote family). It is a small evergreen tree that is native to tropical America and the West Indies. This tree is cultivated widely for an ornamental or dye tree in tropical and subtropical areas. This tree can reach about 5 m in height, and the leaves are cordate, alternate with acute tips. The pink flowers come in the terminal panicles. The fruits are chestnut-like burry, covered with reddish brown soft hairs. The seed-coat is the source of orange dye, and used for natural colorant of lipstick, butter or cheese. This colorant is also called annatto pigment. The native Americans had a custom to paint faces and bodies with this pigment. It is confirmed that the pigment has an anti-insect effects. 
[上・中1] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中2・中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中4〜6・下] 東京都江東区「夢の島熱帯植物園」にて、
2014年08月30日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp