べにおうぎやし (紅扇椰子)

Latania lontaroides

Latania lontaroides

マダガスカル島の東800キロにあるレユニオン島に分布していま
す。単幹で、高さは3メートルほどになります。大きな緑白色の団扇
状の葉を広げます。名前は、幼樹のときに葉や葉柄が赤色をしてい
ることから。
ヤシ科ベニオウギヤシ属の常緑低木で、学名は Latania lontaroides。
英名は Red latan palm。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp