べにてんぐたけ (紅天狗茸) [Index] [Back]

Amanita muscaria

わが国の各地をはじめ、アジアからヨーロッパ、北アメリカに広く分布しています。いろいろな落葉樹林や針葉樹林に生え、高さは10〜20センチになります。傘は直径6〜15センチで、赤色や橙色または橙黄色をしています。表面には白色の目立つ鱗片があります。ヨーロッパでは、幸福のシンボルとして親しまれています。
テングタケ科テングタケ属のキノコ類で、学名は Amanita muscaria。英名は Fly agaric。
Fly agaric (Amanita muscaria) belongs to Amanitaceae (the Amanita family). It is a poisonous fungus that is distributed throughout Japan, also widely Asia, Europe and North America. This fungus grows in various deciduous and coniferous tree forests, and can reach 10-20 cm in height. The mushroom cap is 6-15 cm in diameter and its color is red to orange or yellow-orange. It has visible white scales on the surface. Fly agaric is familiar as a symbol of happiness in Europe.
イギリス・ドーセット州クライストチャーチにて、
2009年09月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp