ベルベリス・プルイノーサ (天竺目木)

Berberis pruinosa

Berberis pruinosa

Berberis pruinosa

Berberis pruinosa

Berberis pruinosa

中国の中南部、広西省から貴州省、四川省、雲南省それにチベット
に分布しています。高さは5メートルほどになります。葉は、長楕円形
で互生し、縁には棘状の鋸歯があります。枝には細い棘が生えてい
ます。4月から5月ごろ、小さな黄色い花を咲かせます。果実は液果
で、秋に青黒色に熟します。和名では「てんじくめぎ(天竺目木)」と呼
ばれます。
メギ科メギ属の常緑低木で、学名は Berberis pruinosa。
英名はありません。
Berberis pruinosa belongs to Berberidaceae (the Berberry family). It is a
small evergreen tree that is native to central-southern China; westward
from Guangxi to Guizhou, Shchuan, Yunnan and Tibet. This tree can reach
about 5 m in height. The leaves are oblong and alternate with spiny toothed
edges. The branches have small spines. The yellow flowers bloom from
April to May. The fruits are berries and ripen blue-black in fall.
[上・中1] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年05月15日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[下] 同上にて、2004年10月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp