べにばなときわまんさく (紅花常磐満作)

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

Loropetalum chinense var. rubrum

中国が原産の「ときわまんさく」の紅花種です。高さは2〜3メートルになり、葉は「まんさく」の半分以下の大きさで常緑です。3月から4月ごろ、「まんさく」に似た濃い紅色の花を咲かせます。最近では生垣に使われることが多くなりました。
マンサク科トキワマンサク属の常緑低木で、学名は Loropetalum chinense var. rubrum。英名は Chinese fringe bush。
Chinese fringe bush (Loropetalum chinense var. rubrum) belongs to the Hamamelidaceae (the Witch hazel family). It is a small evergreen tree that is native to China. This species is a red-flowering variety of "Fringe flower". This tree can reach 2-3 m in height. Leaves are half-size of "Witch hazel". Dark ponceau flowers come from March to April. Chinese fringe bush are commonly used for hedges.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2009年03月18日撮影、
(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス動物園」にて、
2005年03月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年04月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp