べにばなとちのき (紅花栃の木)

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

Aesculus x carnea

ヨーロッパ東南部原産の「せいようとちのき(Aesculus hippocastanus)」と北アメリカ原産の「あかばなとちのき(Aesculus pavia)」との交雑種です。高さは8〜10メートルほどになります。陰樹ですが日当たりが良くても耐えられるため、近ごろはよく、公園にも植栽されています。5月から6月ごろ、淡紅色の花を咲かせます。 
トチノキ科トチノキ属の落葉高木で、学名は Aesculus x carnea。
英名は Red horsechestnut。 
Red horsechestnut (Aesculus x carne) belongs to the family Hippocastanaceae (the Horse-chestnut family). It is a tall deciduous tree that is a hybrid between the horse chestnut (Aesculus hippocastanus) and the red buckeye (Aesculus pavia). This tree can reach 8-10 m in height. It is a shade tree and also tolerant of sun exposure, it is used as a park tree recently. The pale rose pink flowers bloom May to June. 
[上・中1] 栃木県足利市「足利フラワーパーク」にて、
2010年05月09日撮影。
[中2] 長野県豊野町浅野にて、2004年05月15日撮影。
[中3・中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中5・中6] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2010年01月24日撮影。
[中7・下] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp