びじょなでしこ (美女撫子)

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

Dianthus barbatus

ヨーロッパの南部が原産です。わが国へは明治時代の中頃に渡来しています。草地に生え、高さは30〜60センチになります。葉は披針形で対生します。夏に茎頂や葉腋から集散花序をだし、ピンク色から紫色の花を咲かせます。花弁は5個で、花柱は2個あります。園芸品種も数多く作出されています。総苞が長く髭のように生えることから、別名で「ひげなでしこ(髭撫子)」とも呼ばれます。
ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、学名は Dianthus barbatus。
英名は Sweet william。
Sweet william (Dianthus barbatus) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to south Europe. This herb was introduced into Japan in the midium term of Meiji Era. Sweet william grows in grassland and can reach 30-60 cm in height. Leaves are lanceolate and opposite. Pink to purple flowers come on the terminal or axilary cymes in summer. The flower has 5 petals and 2 styles. Many cultivars are breeded. Sweet william is characterized by the long beard-like bracts.
[上・中1〜3] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中4・中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・中10] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中8] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11・中12] 千葉県香取市大角にて、2014年04月22日撮影。
[下] 同上にて、2015年05月27日撮影。
[中13] 茨城県つくば市小田にて、2015年01月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp