びかくしだ (麋角羊歯)

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

Platycerium bifurcatum

オーストラリアの東部からニューギニア、ニューカレドニア、スンダ列島に分布しています。樹木などに着生します。貯水葉は平たく淡緑色で、年を経ると黄褐色に変わります。また青緑色の胞子葉はフォーク形でシカの角に似ています。別名で「こうもりらん(蝙蝠蘭)」とも呼ばれます。 
ウラボシ科ビカクシダ属の常緑多年草で、学名は Platycerium bifurcatum。英名は Common staghorn fern。 
Common staghorn fern (Platycerium bifurcatum) belongs to the Polypodiaceae family. It is an evergreen fern that is native to east Australia, New Guinea, New Caledonia and the Sunda. This herb is an epiphyte on the trees. The impounding lfronds are flat, pale green, and turn yellowish brown when aged. The fertile fronds are bluish green, furcal like deer horn. 
[上・中4〜5] オーストラリア・シドニー市キャッスルヒルにて、
2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2005年01月13日撮影。
[中2・中3] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp