ビロードくさふじ (天鵞絨草藤) [Index] [Back]

Vicia villosa

Vicia villosa

Vicia villosa

Vicia villosa

Vicia villosa

Vicia villosa

ヨーロッパから西アジアが原産です。家畜の飼料や緑肥として、広く栽培されています。高さは30〜90センチになります。丸い茎には、白い開出毛と明瞭な稜があります。葉は偶数羽状複葉で、8〜12対の長楕円形や長楕円状披針形、線形などの小葉がつき、先端には巻きひげがあります。5月から8月ごろ、葉腋に、細長くて花が片側につく、長さ15センチほどの総状花序をつけます。花はピンク色から青ふじ色の蝶形花で、5個の花弁と毛のある萼からなっています。花後、数粒の丸い種子の入った、片側が平たい豆果をつけます。
マメ科ソラマメ属の一年草または二年草で、学名は Vicia villosa。
英名は Hairy vetch、Winter vetch。
Hairy vetch (Vicia villosa) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is an annual or biennial herb that is native to Europe and western Asia. It is grown widely as a livestock feed or green manure. This herb can reach 30-90 cm in height. The round stems have spreading white hairs and conspicuous ridges. The leaves are impari-pinnate compound with 8-12 pairs of oblong, oblong-lanceolate, or linear leaflets, and a terminal tendril. The slender and one-sided racemes up to 15 cm long are borne at the leaf axils from May to August. The flowers are pink to blue-violet, papilionacenous and consisting of five petals and a hairy calyx. After flowering, it produces flat-sided seedpods that contain several round seeds.
[上・中1〜2] アメリカ・オレゴン州シルバートン市にて、
2013年06月15日撮影。
[中3〜4・下] アメリカ・ワシントン州キャサリンクリークにて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp