ビルベリー [Index] [Back]

Vaccinium myrtillus

Vaccinium myrtillus

Vaccinium myrtillus

Vaccinium myrtillus

Vaccinium myrtillus

ヨーロッパから北アジア、グリーンランド、北アメリカの西部に分布しています。標高2800メートルまでの荒れ地や湿原地、明るい林などに生え、高さは20〜40センチになります。葉は卵形で、明るい緑色、縁には鋸歯があります。4月から7月ごろ、淡緑色でピンク色のがかったベル形の花を、ふつう1個で咲かせます。果実は液果で青黒色に熟します。果実はふつうパイやジャムなどを作るのに利用されます。
ツツジ科スノキ属の落葉小低木で、学名は Vaccinium myrtillus。
英名は Bilberry。
Bilberry (Vaccinium myrtillus) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a deciduous shrub that is native to Europe, northern Asia, Greenland, western North America. This shrub grows in heaths, moors and open woods, to 2800 m elevation, and can reach 20-40 cm in height. The leaves are ovate, bright green and toothed. The flowers are bell-shaped, pale green tinged pink, usually solitary and bloom from April to July. The fruits are berries and ripen in bluish-black. The bilberry fruit is commonly used to make pies and jams.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp