ビリンビ (長葉の五斂子)

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

Averrhoa bilimbi

インドネシアのモルッカ諸島が原産です。現在では熱帯地域の各地
で植栽されています。高さは9〜18メートルになります。葉は奇数羽
状複葉で、長楕円形の小葉が11〜37個ほどつきます。幹や古い枝
から円錐花序をだし、暗赤色の花を咲かせます。果実は円筒状で、
果肉は酸味が強く、カレーやピクルスに利用されます。和名では「な
がばのごれんし(長葉の五斂子)」と呼ばれます。
カタバミ科ゴレンシ属の常緑高木で、学名は Averrhoa bilimbi。
英名は Bilimbi, Cucumber tree, Tree sorrel。
Bilimbi (Averrhoa bilimbi) belongs to the Oxalidaceae (the Wood sorrel
family). It is a tall evergreen tree that is native to the Moluccas in Indonesia.
Nowadays, it is cultivated widely in the tropical areas. This tree can reach
9-18 m in height. The leaves are odd-pinnate with 11-37 oblong leaflets.
The panicles are borne on the trunks and old branches, and bloom dark
red flowers. The fruits are cylindrical with strong acid tasted fleshs, and
used for a spice in curries or a pickled.
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中3・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp