びんろうじゅ (檳榔樹)

Areca catechu

Areca catechu

Areca catechu

Areca catechu

Areca catechu

インドから東南アジアのマレー半島に分布しています。単幹性で高さ
は20メートルほどになります。葉は大きな羽状複葉で、茎頂にまとま
ってつきます。茎の上部に花序をだし、芳香のある小さな黄色い花を
咲かせます。果実は楕円形の核果です。若芽や若い花柄は食用に
されます。また果実は薄切りにして乾燥させ、石灰の粒とともにコショ
ウ科の「キンマ(Piperaceae porphyrophyllum)」の葉に包んで、噛む嗜
好品として利用されます。
ヤシ科ビンロウ属の常緑高木で、学名は Areca catechu。
英名は Betel-nut palm, Pinang。
Betel-nut palm (Areca catechu) belongs to Arecaceae (Palm family). It is
an evergreen tall tree that is disrtibuted from India to Malay Peninsula. This
palm is a single trunk and can reach about 20 m in height. The leaves are
large pinnate compound and clustered at the stem apices. The flowering
clusters are borne on the upper stem and bloom scented small yellow
flowers. The fruits are elliptic drupes. The young shoots and young
peduncles are used for food. The fruits have been used for chewing, a few
dried slices of the nut are wrapped in a Betel leaf along with granular lime.
[上・下] 中国・香港特別行政区「九龍公園」にて、
2009年07月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp