びようやなぎ (美容柳)

Hypericum chinense var. salicifolium

Hypericum chinense var. salicifolium

Hypericum chinense var. salicifolium

Hypericum chinense var. salicifolium

Hypericum chinense var. salicifolium

中国の中南部、広西省から湖北省西部、四川省東部に分布してい
ます。高さは1メートルほどになり、枝は弓なりに枝垂れます。葉は長
楕円形で、十字状に対生します。6月から7月ごろ、枝先に鮮やかな
黄色い花を咲かせます。花弁はやや巴状に平開し、花弁よりも長い
雄しべがたくさんつきます。
オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑低木で、学名は Hypericum
chinense var. salicifolium。英名はありません。
Hypericum chinense var. salicifolium belongs to Clusiaceae family. It is a
semi-deciduous small tree that is native to central-south China, from
Guangxi to western Hubei and eastern Sichuan. This tree can reach about 1
m in height and the branches are arching. The leaves are oblong and
arranged decussate. The bright yellow flowers come on the terminal twigs
from June to July. The petals are spreading and resemble triskelion-shaped
with numerous long stamens.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp