ブラックコットンウッド [Index] [Back]

Populus trichocarpa

Populus trichocarpa

Populus trichocarpa

Populus trichocarpa

Populus trichocarpa

アラスカ州南部から南にカリフォルニア州南部、それに東に山地に入り、カナダ・アルバータ州やモンタナ州に分布しています。アメリカ西部では、最もたかくなる広葉樹材です。谷間の湿り気のある、湿った土地や高原の斜面などに生え、高さは18〜37メートルになります。樹皮は灰色で滑らか、厚くなり、平らな鱗片状に深く割れます。花は、長さ4〜8センチの尾状花序につき、雌雄が異なった株にできます。また花は早春に咲きます。果実は球形の刮ハで、3つの部分に割れ、中から綿毛のある種子をいっぱい散布します。このフワフワ柳絮(りゅうじょ)は困りもの。眼がかゆくなったり鼻水がでたりで、このアレルギー症状にはなかなか慣れません。
ヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木で、学名は Populus trichocarpa。
英名は Black cottonwood。
Black cottonwood (Populus trichocarpa) belongs to the family Salicaceae (the Willow family). It is a tall deciduous tree that is distributed to southern Alaska south to southern California and east in mountains to southwestern Alberta and Montana. It is the tallest native western hardwood. This tree grows on moist to wet soils of valleys, also on upland slopes, and it can reach 18-37 m in height. The bark is gray, smooth, becoming thick and deeply furrowed into flat, scaly ridges. The flowers are catkins 4-8 cm long, male and female on separate trees, and they bloom in early spring. The fruits are round capsules, splitting into three parts, and release many cottony seeds.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp