ブラックエルダベリー [Index] [Back]

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

Sambucus racemosa var. melanocarpa

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州中部からカリフォルニア州、それに東にはアルバータ・ネバダ州、ニューメキシコ州北部に分布しています。湿り気のある森林や湿った道端の溝、川岸や湖岸などに生え、高さは1〜4メートルになります。葉は羽状複葉で5〜7個の楕円形から披針形の小葉がつきます。春の終わりから真夏にかけて、球状の円錐花序にクリーム色から白色の花を咲かせます。果実は光沢のある黒色から紫黒色の液果です。この果実は青酸の含有量が多く、食べるとシアン化物中毒を導きます。
スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木で、学名は Sambucus racemosa var. melanocarpa。英名は Black elderberry。
Black elderberry (Sambucus racemosa var. melanocarpa) belongs to the family Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is native to western North America, from central British Columbia to California east to Alberta, Nevada, and northern New Mexico. This tree grows in moist woods, moist roadside ditches, and riparian areas, and it can reach 1-4 m in height. The leaves are pinnately-compound with 5-7 elliptic to lanceolate leaflets. The creamy or white flowers bloom in hemispheric panicles in late spring to mid summer. The fruit are shiny black or purple-black berries. The black elderberry contains high levels of hydrocyanic acid which can lead to cyanide poisoning if consumed.
[上・中1〜5] アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、
2013年06月16日撮影。
[中6・下] アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp