ブラケア・グラキリス

Blakea gracilis

Blakea gracilis

Blakea gracilis

中央アメリカのコスタリカが原産です。熱帯雨林の低山帯に生え、は
じめは着生して、その後地上に根をおろします。高さは12メートルほ
どになり、葉は楕円形から倒卵形で、十字対生します。枝先に6弁の
真っ白な花を咲かせます。中央に丸く並んだ黄色い12個の雄しべが
目立ちます。
ノボタン科ブラケア属の常緑低木で、学名は Blakea gracilis。
英名はありません。
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。
[中・下] 同上にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp