ブラックビーン (ジャックと豆の木)

Castanospermum australe

Castanospermum australe

Castanospermum australe

Castanospermum australe

Castanospermum australe

Castanospermum australe

オーストラリアの東部から北部に分布しています。熱帯雨林のなかに
生え、高さは10〜15メートルになります。葉は奇数羽状複葉で濃緑
色、密集した丸い樹冠を形成します。春から初夏にかけて、鮮やか
な赤橙色の花を咲かせます。花後には大きな莢果をつけ、なかには
ゴルフボールくらいの真っ黒な種子が3〜5個入っています。この種
子は有毒だと考えられていますが、アボリジニの人々は水に晒して
森のなかでの食料とするそうです。園芸上は「ジャックと豆の木」と呼
ばれています。
マメ科カスタノスペルムム属の常緑高木で、学名は Castanospermum
australe。英名は Black bean, Moreton bay chestnut。
Black bean belongs to Fabaceae (Legume family). It is an evergreen tall
tree that is distributed east and north Australia. This tree occurs in warmer
rainforest and can reach 10-15 m in height. Leaves are dark green, odd-
pinnately compound, and develops a dense rounded canopy. During spring
to early summer, it bears sprays of bright reddish-orange flowers. Following
flowering, large pods that contain 3-5 golfball-sized black seeds are
produced. This seeds are poisonous, but the aborigines cracked and
soaked in water them and used as foods. It is also called 'Jack and the
Beanstalk' in horticulture.
[上・中4] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2・下] オーストラリア・シドニー市グレノリーにて、
2006年12月09日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 愛知県渥美町「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp