ブラックパーシモン

Diospyros digyna

Diospyros digyna

Diospyros digyna

Diospyros digyna

メキシコ南部が原産です。中央アメリカでも広く栽培されています。海
岸沿いの低地に生え、成長が早く、高さは10メートルほどになりま
す。葉は長楕円形で互生し、明確な葉脈と腺点および斑があります。
花は壺形で、淡いクリーム色をしています。果実は直径6〜12セン
チほどあり、表面は熟しても緑色です。収穫後、1週間ほど追熟させ
ると、表面は黒褐色に、また果肉はチョコレートプディングのような風
味になり、食用にされます。別名で「ブラックサポテ」とも呼ばれます。
カキノキ科カキノキ属の常緑小高木で、学名は Diospyros digyna。
英名は Black persimmon, Black sapote, Chocolate pudding fruit。
Black persimon belongs to Ebenaceae (Ebony family). It is an evergreen
semi-tall tree that is native to south Mexico. This tree is culivated widely in
Central America. This tree occurs in the coastal lowlands, growing fast and
can reach about 10 m in height. Leaves are oblong, alternate with distinct
veins, glandular dots and spots. Flowers are bell-shaped and pale cream.
Fruits are 6-12 cm in diameter, still green when ripen. These are force-riped
for a week, then the surface turn to blackish brown and the pulp will savors
chocolate pudding. Fruits are edible and also called 'Balck sapote'.
[上・中1・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp