ブラックラズベリー

Rubus occidentalis

Rubus occidentalis

Rubus occidentalis

Rubus occidentalis

北アメリカの東部から中部にかけてが原産です。「きいちご」の仲間
で、渓谷や林縁の豊かな茂みに生え、高さは3メートルほどになりま
す。葉は3出複葉で、小葉には鋸歯があります。6月ごろ、白色の花
を咲かせます。果実は7月から8月ごろ、真っ黒に熟します。爽やか
な酸味があり、生食のほか、ジャムやジュース、パイなどの材料に使
われます。
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus occidentalis。
英名は Black raspberry。
Black raspberry belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous small
tree that is native to eastern and central North America. This tree occurs in
valleys or fertile scrubs in woodland edges and can reach about 3 m in
height. The leaves are trifoliate compound with serrate edged leaflets. The
white flowers come in June. The fruits ripen in black from July to August.
They have refreshing acid tastes and used as raw diets, jams, juices or pies.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年06月25日撮影。
[中2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[下] 岡山市「半田山植物園」にて、2002年07月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp