ブラックウォールナッツ

Juglans nigra

Juglans nigra

カナダのオンタリオ州からアメリカの東・中部に分布しています。川沿
いや混合樹林のなかなどに生え、高さは21〜27メートルになりま
す。樹皮は褐色で、ダイアモンド原石のようなかたちに深く割れ目が
入ります。葉は奇数羽状複葉で、卵状披針形の小葉が5〜12対つ
きます。春、枝先に雄花序と雌花序をつけます。果実は直径4〜6セ
ンチほどの核果で、夏の終わりから秋に熟し、なかの仁(じん)は食
用になります。
クルミ科クルミ属の落葉高木で、学名は Juglans nigra。
英名は Black walnut。
アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年04月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp