ブルーベリー

Vaccinium sp.

Vaccinium sp.

Vaccinium sp.

Vaccinium sp.

Vaccinium sp.

Vaccinium sp.

北アメリカが原産です。高さは2〜3メートルになり、4月から5月ごろ、小さな白い壺形の花が咲きます。わが国へは昭和時代の中頃に渡来しました。果実は液果で、初夏から夏に青紫色に熟し、ジャムやゼリー、お菓子の材料などに使われます。数多くの品種が作出され、寒冷地向きの北部ハイブッシュ系、暖地向きのラビットアイ系と南部ハイブッシュ系の大別して3系統があります。メイン州のワシントン郡では、ブルーベリー生産が郡経済の主要な役割の一つとなっています。またメイン州は、北アメリカにおけるブルーベリー生産の10%を占めています。
ツツジ科スノキ属の落葉小低木で、学名は Vaccinium sp.(属の総称)。英名は Blueberry。
Blueberry (Vaccinium sp.) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a deciduous shrub that is native to North America. This shrub can reach 2-3 m in height. The small, white urn-shaped flowers bloom in April through May. This shrub was introduced into Japan in the middle days of Showa Era (about 60 years ago). The fruits are berries, and ripen bluish-purple in early summer to mid summer. They are used as an ingredient of jam, jelly and cake. The many cultivars have been raised, and are classified into three strains; the Northern Highbush strain which suits for cold climates, the Rabbiteye strain and the Southern Highbush strain which both suit for warm climates. In Washington county, the blueberry crop plays a major role in the county's economy. Maine accounts for 10 % of all blueberries grown in North America.
[上・中1] 長野県大町市八坂にて、2006年05月10日撮影。
[中2・中3] 茨城県神栖市太田新町にて、2012年07月29日撮影。
[中4・下] アメリカ・メイン州ワシントン郡アディソン町にて、
2016年07月31日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp