ブルーボネット

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

Lupinus texensis

アメリカのテキサス州に固有の種で、州花にもなっています。草地や道ばたなどに生え、高さは20〜40センチになります。葉は掌状複葉で、倒披針形の小葉が5個あります。もっともふつうのタイプは、真ん中が白くて青い帽子(Blue bonnet)のような花を咲かせます。花期は3月から5月ごろ。テキサス州には、「ブルーボネットトレイル(Bluebonnet Trails)」と呼ばれるドライブコースがあるそうです。 
マメ科ルピナス属の一年草で、学名は Lupinus texensis。
英名は Texas bluebonnet。 
Texas bluebonnet (Lupinus texensis) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is an annual herb that is endemic to Texas and a state flower of Texas. This herb grows in grasslands and roadsides, and can reach 20-40 cm in height. The leaves are palmate compound with 5 oblanceolate leaflets. The most typical flowers are blue with white centers, resemble to blue bonnets. The flowers bloom from March to May. 
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月28日撮影。
[中2] 名古屋市港区潮見町「ブルーボネット」にて、
2002年05月03日撮影。
[中3・中4] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
003年04月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中7] 千葉県香取市大角にて、2011年05月02日撮影。
[中8〜中9] 同上にて、2013年04月19日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・フォートウィリアムにて、
2016年05月29日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp