ブルーエルダー [Index] [Back]

Sambucus cerulea

Sambucus cerulea

Sambucus cerulea

Sambucus cerulea

北アメリカの西部、ブリティッシュコロンビア州南部からカリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州それにモンタナ州西部に分布しています。山地や川沿いに生え、高さは9メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、披針形から楕円形で、鋭い鋸歯のある小葉が7〜9個つきます。5月から6月ごろ、枝先に散形花序をだし、白色からクリーム色がかった花をいっぱい咲かせます。果実は漿果に似た核果で、淡い粉を塗したような青色をしています。果実は生食や料理用、砂糖煮にも使われます。
スイカズラ科ニワトコ属の落葉小高木で、学名は Sambucus cerulea。
英名は Blue elder、Blue elderberry。
Blue edler (Sambucus cerulea) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to western North America, and distributed from southern British Columbia to California, Arizona, New Mexico, and western Montana. This tree grows in the mountains or along streams, and can reach about 9 m in height. The leaves are odd-pinnately compound with 7-9, lanceolate to elliptic, sharply toothed leaflets. The umbel are borne at the terminal branches, and the white or creamy, numerous flowers bloom from May to June. The fruits are berry-like drupes, appearing pale powdery blue, and they are edible raw, cocked or used in preserves.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp