ブルーファンフラワー

Scaevola aemula

Scaevola aemula

Scaevola aemula

Scaevola aemula

Scaevola aemula

Scaevola aemula

オーストラリアの南部に広く分布しています。高さは10〜20センチ
ほどですが、匍匐性があり横に広がります。葉は長楕円形で光沢が
あり、縁には粗い鋸歯があります。春から夏にかけて、葉腋に扇を広
げたような紫色、藤色または白色の花を咲かせます。
クサトベラ科クサトベラ属の常緑多年草で、学名は Scaevola aemula。
英名は Fan flower, Fairy fanflower。
Fan flower belongs to Goodeniaceae (Naupaka family). It is an evergreen
perennial herb that is native to southern Australia. This harb can reach 10-
20 cm in height, and spreads by creeping. The leaves are glossy oblong with
coarse toothed edges. The fan-shaped purple, lavender or white flowers
come in the axiles from spring to summer.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年09月19日撮影。
[中3・中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp