ボッグセージ

Salvia uliginosa

Salvia uliginosa

Salvia uliginosa

Salvia uliginosa

Salvia uliginosa

ブラジル南部からウルグアイ、アルゼンチンに分布しています。沼や湿地に生え、高さは100〜120センチほどになります。葉は長楕円状披針形で、縁には鋸歯があります。5月から11月ごろ、茎の先の輪状集散花序に、スカイブルーの花を咲かせます。下唇には、受粉のために虫を導く白い蜜標があります。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia uliginosa。
英名は Bog sage。
Bog sage (Salvia uliginosa) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is distributed from southern Brazil to Uruguay, Argentina. This herb grows in bogs or marshes and can reach 100-120 cm in height. The leaves are oblong-lanceolate with toothed edges. The annular cymes are borne on the stem apices and bloom sky-blue flowers from May to November. The flowers have white nectar guides on the lower lips.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中3] 群馬県中条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp