ぼたんくさぎ (牡丹臭木)

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

Clerodendrum bungei

中国の南部からインド北部に分布しています。明るい林の中や林縁に生え、高さは1〜2メートルになります。枝や葉には臭気があります。葉は広卵形で対生し、不揃いの鋸歯があります。7月から9月ごろ、枝先に集散花序をだし、淡紅紫色の花を咲かせます。 
クマツヅラ科クサギ属の落葉低木で、学名は Clerodendrum bungei。
英名は Glory flower。 
Glory flower (Clerodendrum bungei) belongs to the Verbenaceae (the Verbena family). It is a small deciduous tree that is native from southern China to northern India. This tree grows in open woodlands or forest edges and can reach 1-2 m in height. The branches and leaves have a characteristic odor. The leaves are broad ovate and opposite with irregular toothed edges. The cymes are borne on the terminal branches and the pale magenta flowers bloom from July to September. 
[上・中1〜3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[中6〜7]・下] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年07月03日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp