ブージャムツリー

Fouquieria columnaris

Fouquieria columnaris

Fouquieria columnaris

Fouquieria columnaris

Fouquieria columnaris

Fouquieria columnaris

メキシコ北西部の乾燥地帯に分布しています。丘陵の岩礫地や沖
積平野に生え、高さは20メートルにもなります。幹は多肉で、基部で
は直径50センチほどもあり、キャンドルのように上部にいくほど細く
なります。幹からは、鉛筆のように細い枝がでて、落葉性の葉がつい
ています。7月から8月ごろ、茎の先に黄色い筒状花を咲かせます。
寿命は100〜300年もあるそうです。
フォウクィエリア科フォウクィエリア属の落葉高木で、学名は
Fouquieria columnaris(syn. Idria columnaris)。英名は Boojum tree,
Cirio。
Boojum tree belongs to the Fouquieriaceae family. It is a tall deciduous tree
that is distributed in the arid areas of northwest Mexico. This tree grows on
the rocky slopes and alluvial planes and can reach about 20 m in height.
The stem is succulent, resembles a upside-down candle, and about 50 cm
in diameter at base with pencil-like twigs and deciduous leaves. Yellow
tubular flowers come on the terminal twigs from June to August. Boojum
tree is long-lived for 100-300 years.
[上・中1〜2] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[中4・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp