ボリジ (瑠璃苣)

Borago officinalis

Borago officinalis

Borago officinalis

Borago officinalis

Borago officinalis

Borago officinalis

Borago officinalis

ヨーロッパ中部の地中海沿岸が原産です。今では欧米諸国に帰化
しています。高さは30〜60センチくらいになり、淡い緑色の葉や茎
は白い毛で被われています。夏に青い星形の花を咲かせます。若葉
はハーブティーやサラダに、花は砂糖漬けなどに利用されます。和名
では「るりじさ(瑠璃苣)」と呼ばれますが、「コンフリー(Symphytum
officinale)」の近縁種です。
ムラサキ科ボラゴ属の一年草で、学名は Borago officinalis。
英名は Borage。
Borage (Borago officinalis) belongs to Boraginaceae (Borage family). It is
an annual herb that is native to central Europe; coastal areas of the
Mediterranean Sea. It is naturalized in Europe and the United States
nowadays. This herb can reach 30-60 cm in height, the pale green leaves
and stems are covered with white hairs. The blue star-shaped flowers
come in summer. The young leaves are used for herbal tea or salad and the
flowers are used for confiture. It is a related species of Comfrey
(Symphytum officinale).
[上] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中2・中3] 岐阜県可児郡御嵩町「ラ・プロヴァンス」にて、
2004年11月20日撮影。
[中4] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中5・下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp