ぼたん (牡丹)

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa cv. Misono-no-akebono

Paeonia suffruticosa cv. Renkaku

Paeonia suffruticosa cv. Yatsuka-Jishi

Paeonia suffruticosa cv. Shima-daijin

Paeonia suffruticosa cv. Tribute

Paeonia suffruticosa cv. Shikou

中国西北部が原産で、中国では百花の王といわれます。中国の国
花のひとつです。冷涼な気候を好み、高さは50〜180センチになり
ます。花期は4月から5月ですが、初冬と春に2回咲く寒ボタンもあり
ます。花には一重と八重があり、紅色、紫紅色、ピンク色や白色など
多彩です。根は漢方薬として用いられ、牡丹皮と呼ばれます。
写真中15の品種は「御園の曙」、
写真中16の品種は「連鶴」、
写真中17の品種は「八束獅子」、
写真中18の品種は「島大臣」、
写真中19の品種は「トリビュート」、
そして写真下の品種は「紫晃」。
ボタン科ボタン属の落葉低木で、学名は Paeonia suffruticosa。
英名は Moutan, Botan, Tree peony。
Moutan (Paeonia suffruticosa) belongs to the Paeoniaceae (the Peony
family). It is a small deciduous tree that is native to northern-western China.
It is called "the King of flowers" in China and one of national flowers of
China. This tree prefers cool temperate and can reach 50-180 cm in height.
The flowers appear from April to May. They are single or double and have
riot of colors; rose-pink, magenta, pink or white. The root is used as a
herbal medicine.
[上・中1] 群馬県吉井町多比良にて、2008年04月26日撮影。
[中2〜中11] 千葉県東庄町「西福寺」にて、2009年04月27日撮影。
[中12] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年04月17日撮影。
[中14] 同上にて、2004年05月03日撮影。
[中13] 奈良県桜井市初瀬「長谷寺」にて、2001年04月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中15〜19・下] 茨城県つくば市「つくば牡丹園」にて、
2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp