ぼたんうきくさ (牡丹浮き草)

Pistia stratiotes

Pistia stratiotes

Pistia stratiotes

Pistia stratiotes

熱帯から亜熱帯各地に広く分布しています。名前は、葉が「ボタン
(牡丹)」の花のように見えることから。浮遊性の水草で、夏に白い仏
炎苞に包まれた小さな花を咲かせます。わが国でも近年、この「ボタ
ンウキクサ」の異常繁殖が河川や沼池で見られるようになり、生態系
への影響が心配されています。
サトイモ科ピスティア属の常緑多年草で、学名は Pistia stratiotes。
英名は Water lettuce。
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月15日撮影。
[中2] 滋賀県草津市「水生植物公園」にて、2003年05月02日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp