ぼたんづる (牡丹蔓)

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

Clematis apiifolia

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりのよい野原や道端、林縁などに生えます。葉は1回3出複葉で柄があり、対生します。8月から9月ごろ、茎の先端や葉腋に短い円錐花序をつけ、白い花を咲かせます。4個の花弁のように見えるのは萼片です。花後は渦巻き形の果序となります。名前は、葉のかたちが「ぼたん(牡丹)」に似ていることから。 
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉蔓性木本で、学名は Clematis apiifolia。英名はありません。 
The "Botan-zuru" (Clematis apiifolia) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a deciduous woody vine that is native to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This vine grows in sunny fields, roadsides and forest edges. The leaves are trifoliate with petioles, and arranged in opposite. The short panicles are borne in the terminal stems and axils, and the white flowers bloom from August to September. The four sepals are petaloid. Following bloom, the convoluted fruit-clusters will be borne. 
[上・中1〜3] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、
2006年09月05日撮影。
[中4・中5] 千葉県香取市阿玉川にて、2009年10月03日撮影。
[中6・中7] 栃木県日光市中三依「湿生園」にて、
2013年08月24日撮影。
[中8〜中10] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2013年11月09日撮影。
[中13〜14・下] 同上にて、2014年08月23日撮影。
[中11・中12] 福島県天栄村湯本にて、2014年07月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp