ブラジルまつ (ブラジル松)

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

Araucaria brasiliana

ブラジルの南部が原産です。幹は直立し、高さは35〜50メートルになります。太い枝は水平にでます。革質の葉は披針形で先端が鋭く尖ります。球果も大型です。種子は食用になるそうです。別名で「パラナまつ(パラナ松)」とも呼ばれます。 
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属の常緑高木で、学名は Araucaria brasiliana(syn. Araucaria angustifolia)。英名は Parana pine、Brazilian pine。 
Parana pine (Araucaria brasiliana) belongs to the Araucariaceae family. It is a tall evergreen tree that is native to the southern part of Brazil. The trunk stands upright and the height is 35-50 m. Thick branches are horizontal. The leaves are leathery, lanceolate with pointed tips. The cones are also large. The seeds are edible. It is also called "Parana-matsu". 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年02月13日撮影。
[中1〜中3] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2005年11月14日撮影。
[中4〜中7] 兵庫県加西市「兵庫フラワーセンター」にて、2005年11月25日撮影。
[中8〜10・下] 高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp