ブラッシア・ウェルコーサ

Brassia verrucosa

Brassia verrucosa

Brassia verrucosa

中央アメリカ、メキシコからベネズエラに分布しています。標高1600
メートルまでの山地に生え、樹木などに着生します。球茎は扁卵形
で、長楕円状披針形の葉を2個つけます。春から秋ごろ、長さ60〜
75センチの花茎を弓なりに伸ばし、淡緑色の花を咲かせます。花弁
には濃緑色の斑が入ります。
ラン科ブラッシア属の常緑多年草で、学名は Brassia verrucosa。
英名はありません。
Brassia verrucosa belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Central America, from Mexico to
Venezuela. This orchid occurs in mountains below 1600 m elevation. It is an
epiphyte on the trees. The corms are compressed ovate and come into 2
oblong-lanceolate leaves. The arching flower stalks 60-75 cm long are
borne from spring to fall, and bloom pale green flowers. The petals have
dark green mottles.
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月13日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp