ブリランタイシア・キカトリコーサ [Index] [Back]

Brillantaisia cicatricosa

Brillantaisia cicatricosa

Brillantaisia cicatricosa

アフリカ東部、ウガンダ・ケニアから南にジンバブエ・モザンビークに分布しています。高地には生え、高さは2〜5メートルになります。葉はおおよそ広卵形で、時に紫色を帯び、長さ10〜40センチ、翼のある葉柄と粗い鋸歯があります。8月から9月ごろ、藤色でサルビアに似た花を、大きな円錐花序に咲かせます。花冠には紫っぽい腺毛のある上唇と3裂した下唇があります。 
キツネノマゴ科ブリランタイシア属の小低木で、学名は Brillantaisia cicatricosa (syn. Brilliantasia subulugurica)。英名は Giant salvia。 
Giant salvia (Brillantaisia cicatricosa) belongs to the Acanthaceae (the Acanthus family). It is a soft-wooded aromatic shrub that is distributed to eastern Africa, from Uganda-Kenuya south to Zimbabwe-Mozambique. This shrub grows in highlands and up to height of 2-5 m. The leaves are more or less broadly ovate, sometimes purple-tinged, 10-40 cm long, with a winged petiole and coarsely toothed margins. The mauve, salvia-like flowers bloom in large spikes from August to September. Corolla has a upper lip covered with purplish glandular hairs, and a 3-lobed lower lip. 
[上・中] イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis)
[下] 同上にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp