ブローディアエア・コロナリア [Index] [Back]

Brodiaea coronaria

Brodiaea coronaria

Brodiaea coronaria

Brodiaea coronaria

Brodiaea coronaria

Brodiaea coronaria

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州北部に分布しています。山地や草原などに生え、高さは10〜25センチになります。葉は草状で、1〜3個が根生しますが、開花期までに萎れます。初夏、並んだ花柄の上に、ふじ青色からすみれ色、バラ色などの花を咲かせます。
ユリ科ブローディアエア属の多年草で、学名は Brodiaea coronaria。
英名は Crown brodiaea。
Crown brodiaea (Brodiaea coronaria) belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to western North America from British Columbia to northern California. This herb grows in mountains and grasslands, and it can reach 10-25 cm in height. The leaves are 1-3 basal, grass-like, withering before bloom time. The flowers are lavender-blue, violet, or rose, vase-shaped, and bloom on an array of pedicels in early summer.
アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp