ブルボフィルム・ハシモトイ

Bulbophyllum hashimotoi

Bulbophyllum hashimotoi

Bulbophyllum hashimotoi

ニューギニア島やスマトラ島に分布しています。樹木や岩に着生し、
球茎は卵形で長楕円形の大きな葉がつきます。春に、鳥のくちばし
のような赤褐色の花を咲かせます。花には強い芳香があります。
ラン科ブルボフィルム属の常緑多年草で、学名は Bulbophyllum
hashimotoi。英名はありません。
Bulbophyllum hashimotoi belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native to New Gunea and Sumatra. This
herb is an epiphyte on the trees and rocks. The corms are ovate and come
into large oblong leaves. The flowers are beak-like, reddish brown with
strong odor and come in spring.
[上・中] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年11月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp