ブンヤパイン (広葉の南洋杉)

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

Araucaria bidwillii

オーストラリアの東部、クイーンズランド州の北部と南東部に分布しています。現在では広範な地域で植栽されています。幹は直立して、高さは30〜45メートルになります。樹皮は粗く、樹冠はドーム形です。葉は槍形で、先端が鋭く尖り、光沢のある緑色をしています。果実はフットボールくらいの大きさがあり、なかには50〜100個の種子が含まれています。アボリジニの人々には、この種子が重要な食料源となっていました。和名では「ひろはのなんようすぎ(広葉の南洋杉)」と呼ばれます。 
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属の常緑高木で、学名は Araucaria bidwillii。英名は Bunya pine。 
Bunya pine (Araucaria bidwillii) belongs to the Araucariaceae family. It is a tall evergreen tree that is distributed in eastern Australia, northern and southeastern of Queensland. Today it is planted in wide areas. The trunk stands upright and the height is 30-45 m. The bark is rough and the crown is domed. Leaves are lance shaped, sharp pointed, shiny and green in color. The fruit is about the size of a football, and some 50-100 seeds are included. This seeds were important food sources for the Aboriginal people. In Japanese name, it is called "Hirohano-nanayo-sugi".
[上・中1] オーストラリア・ニューサウスウェール州「カンバーランド州有林」にて、2006年05月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 同上にて、2006年11月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4〜6・下] 高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp