ぶんたん (文旦) [Index] [Back]

Citrus grandis

Citrus grandis

Citrus grandis

東南アジアから中国南部、台湾が原産です。わが国へは江戸時代の初めに渡来しました。高さは3メートルほどになります。果実は淡緑色から黄色で、独特の甘みと風味のある果肉と、非常に厚くてスポンジ状の果皮が特徴です。また果実が柑橘類では最も大きく、0.5〜2キログラムになります。果実の収穫は、年末ごろに行われますが、酸味が強いので数ヶ月の追熟をしたあと出荷されます。別名で「ざぼん(朱欒)」とも呼ばれます。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus grandis (syn. Citrus maxima)。英名は Pomelo。
Pomelo (Citrus grandis) belongs to Rutaceae (the Citrus family). It is an evergreen small tree that is native to Southeast Asia, southern China and Taiwan. It was introduced into Japan in early Edo Era (about 350 years ago). This tree can reach about 3 m in height. The fruits are pale green to yellow when ripe, with distinctive sweet flavored flesh and very thick spongy rind. They are the largest citrus fruit and usually weighing between 0.5-2 kg. They are harvested in late December. The fruits have strong acid tastes and need to force-riped for several months.
[上・中] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[下] ベトナム・ハノイ市にて、2010年09月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp