ブルオーク

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

Quercus macrocarpa

カナダの中南部からアメリカの中部、中南部に分布しています。乾燥した高原から砂地の平原、湿った氾濫原などに生え、高さは15〜24メートルになります。樹皮は淡灰色で厚く、深い割れ目が入ります。葉は倒卵形で羽状に中裂し、裏面は細毛に被われます。果実は大きな堅果で2〜5センチの長さがあります。殻斗には毛状の鱗片がつきます。
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus macrocarpa。
英名は Bur oak、Mossycup oak、Blue oak。
Bur oak (Quercus macrocarpa) belongs to the family Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is distributed to central-southern Canada, central and central-southern United States. This tree grows on arid highlands, sandy plains or wettish flood plains and can reach 15-24 m in height. The barks are pale gray, thick and deep furrowed. The leaves are obovate, diveded into clefts palmately and covered with fine hairs on the abaxial sides. The fruits are large nuts which measure 2-5 cm long. The cupules have hairy scales.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中5〜中10] 同上にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11〜12・下] アメリカて・テキサス州ダラス市「ホワイトロック湖」にて、2013年08月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp