ぶっしゅかん (仏手柑)

Citrus medica var. sarcodactylis

Citrus medica var. sarcodactylis

Citrus medica var. sarcodactylis

Citrus medica var. sarcodactylis

インド原産の熱帯果樹「シトロン(C. medica)」の変種です。高さは3
〜5メートルになり、葉腋には短い棘があります。一年を通して、淡紫
色を帯びた白色の花を咲かせます。果実は房状になり、合掌してい
る仏様の手のように見えます。中国では漢方薬として、また砂糖煮に
も利用されます。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus medica var.
sarcodactylis。英名は Buddha's hand citron。
Buddha's hand citron (Citrus medica var. sarcodactylis) belongs to
Ructaceae (Citrus family). It is an evergreen small tree that is a variety of
Citrus media (native to India). This tree can reach 3-5 m in height and
bears short spines on the leaf-axiles. The pale purple tinged white flowers
appear all year round. The fruit forms bunch and looks like joining
Buddha's hands in prayer. They are used for herbal medicine or candied
fruit in China.
[上・中1] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2005年02月26日撮影。
[下] 同上にて、2007年12月06日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp