ブラジルやし (ブラジル椰子)

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

Butia capitata

ブラジルからウルグアイ、アルゼンチンに分布しています。高さは5
〜7メートルほどになり、葉は大きな羽状複葉で、薄緑色から青みが
かった灰色です。また葉は大きく曲がり、長さは1.5〜3メートルに
なります。春に白い花を咲かせ、秋には果実が明るい橙黄色に熟し
ます。この卵形の果実は食用になります。
ヤシ科ブラジルヤシ属の常緑低木で、学名は Butia capitata。
英名は Jelly palm, Pindo palm。
Jelly palm belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a small
evergreen tree that is distributed from Brazil to Uruguay, Argentina. This
palm can reach 5-7 m in height. The leaves are large palmate compound,
pale green to bluish gray, twisting and 1.5-3 m in length. The whitish
flowers come in spring, and the fruits are ripen bright orange-yellow and
edible.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年09月14日撮影。
[中2・中4] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[中3] 同上にて、2007年09月25日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜6・下] 茨城県神栖市砂山にて、2009年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp