ビブリス・リニフローラ

Byblis liniflora

Byblis liniflora

Byblis liniflora

Byblis liniflora

オーストラリア北部からニューギニア南部に分布しています。熱帯の
湿地に生え、高さは5〜15センチになります。茎は細く、葉は線形で
腺毛が密生しています。腺毛から粘液をだし、昆虫を捕捉する食虫
植物です。夏から秋にかけて、茎頂にピンク色から薄紫色の花を咲
かせます。
ビブリス科ビブリス属の一年草または多年草で、学名は Byblis
liniflora。英名は Rainbow plant, Northern byblis。
Rainbow plant belongs to Byblidaceae. It is an annual or perennial
herbacious plant that is distributed north Australia and south New Guinea.
This herb occurs in the tropical marshes and can reach 5-15 cm in height.
Stem is slender and leaves are linear with many glandular hairs. They
secrete a sticky sap that attracts insects, and known as one of carnivorous
plants. From summer to fall, pinkish or lavener flowers are seen on the
terminal stems.
[上・中1] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中2・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp