フェイジョア

Feijoa sellowiana

Feijoa sellowiana

Feijoa sellowiana

Feijoa sellowiana

Feijoa sellowiana

ブラジル南部からパラグアイ、ウルグアイが原産です。果樹として栽
培されますが、刈り込まないと高さは4.5メートルほどになります。葉
は卵形で厚く、対生します。6月から8月ごろ、赤褐色の花を咲かせ
ます。鮮紅色の雄しべが目立ちます。果実はパイナップルに似た芳
香があり、生食やジャムに加工されます。
フトモモ科フェイジョア属の常緑低木で、学名は Feijoa sellowiana。
英名は Feijoa, Pineapple guava。
Feijoa (Feijoa sellowiana) belongs to the Myrtaceae (the Myrtle family). It
is a small evergreen tree that is native to southern Brazil, Paraguay and
Uruguay. This is cultivated as a fruit tree. It can reach 4.5 m in height if it
does not cut back. The leaves are ovate, thick and arranged in opposite.
The reddish brown flowers bloom from June to August. They have obvious
bright rose pink stamens. The fruits have pineapple-like scent and used in
raw diet or processed to jam.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年06月21日撮影。
[中3・下] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2011年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp