フランネルフラワー [Index] [Back]

Actinotus helianthi

Actinotus helianthi

Actinotus helianthi

オーストラリア東部の、クイーンズランド州中部からニューサウスウェールズ州南部に分布しています。海岸の荒れ地や潅木帯、乾燥した硬葉樹林に生え、高さは0.5〜1.5メートルになります。全体に柔らかな白い毛で被われています。葉は灰緑色で互生し、分裂しています。一年中、散形花序に花を咲かせます。花序は、非常に柔らかな、クリーム色から白色の苞葉で囲まれています。
セリ科アクチノツス属の常緑多年草は、学名は Actinotus helianthi。
英名は Flannel flower。
Flannel flower (Actinotus helianthi) belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is an evergreen herb that is native to eastern Australia, southward from central Queensland to southern New South Wales. This herb grows in coastal heath, scrub, and dry sclerophyll forest, and can reach 0.5-1.5 m in height. The entire plant is covered with soft white hairs. The leaves are gray-green, alternately arranged, and diveded into lobes. The flowers bloom in umbels throughout the year. The umbels are surrounded by bracts that are very soft and cream to white in color.
茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp