フレームツリー (火焔樹)

Brachychiton acerifolium

Brachychiton acerifolium

Brachychiton acerifolium

Brachychiton acerifolium

Brachychiton acerifolium

オーストラリアのニューサウスウェールズ州からクイーンズランド州が
原産です。現在では、熱帯地方に広く植栽されています。成長が早
く、高さは10〜30メートルになります。樹皮は濃緑色がかっていて
平滑です。葉は掌状に5〜7裂します。12月から2月ごろ、大きな円
錐花序をだし、ベル形の真っ赤な花を咲かせます。和名では「かえん
じゅ(火焔樹)」と呼ばれます。
アオギリ科ブラキキトン属の半常緑高木で、学名は Brachychiton
acerifolium。英名は Flame tree, Illawarra flame tree。
Flame tree belongs to Sterculiaceae (Sterculia family). It is a semi-evergreen
tall tree that is native in New South Wales to Queensland of Australia. This
tree is planted in tropical areas widely nowadays, growing fast and can
reach 10-30 m in height. Barks are dark greenish and smooth. Leaves are
devided into 5-7 palmately. Large panicles with bell-shaped bright red
flowers are seen from December to February.
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2008年12月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp