フランスかいがんしょう (フランス海岸松) [Index] [Back]

Pinus pinaster

ヨーロッパ南西部からアフリカ北部に分布しています。海岸の砂地や砂丘、あるいは内陸の山地に生え、高さは20〜35メートルになります。樹皮は赤褐色で、深い裂け目が入ります。葉は黄緑色から青緑色の針状でかたく、長さは20センチほど、2本ずつ束生します。初夏、黄色の雄球花と赤色の雌球花を当年枝につけます。果実は円錐形の球果で、長さ10〜20センチになり、はじめ緑色ですが、2年で赤茶色に熟します。その後数年をかけ徐々に、あるいは山火事などで熱に晒されると種子が散布されます。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus pinaster。
英名は Maritime pine。
Maritime pine (Pinus pinaster) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to south-western Europe and northern Africa. This tree grows on coastal sands, dunes, also on mountains inland, and can reach 20-35 m in height. The barks are reddish brown, and deep furrowed into scaly ridges. The leaves are yellowish green to bluish green, needle-like 20 cm long, stiff and arranged in pairs. The yellow male strobiles and red female strobiles are borne at the new branches in early summer. The fruits are conical strobiles, 10-20 cm long, green at first and ripen orange-tan after two years. The seeds are scattered gradually for some years or when they expose to heat in case of forest fire.
スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年09月01日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp